1枚でキマるジャケット

洋服

仕事もオフでも使える

女性が服を選ぶときには、ただ好き嫌いで選ぶのではなく、今持っている洋服との組み合わせや、仕事とオフの両方で使えるかなど様々なポイントを気にしながら選ぶものです。その代表格とも言えるのはテーラードジャケットで、仕事や冠婚葬祭などでつかえるのはもちろんのこと、カジュアルに着崩すことも出来る万能アイテムと言えるでしょう。そもそもテーラーには仕立てという意味があり、スーツを仕立てるテーラーと同じ意味を持っています。その名の通り、テーラードジャケットはきちんと仕立てられた上着という意味で、もともとは男性の着衣を指す単語でした。しかし、現在は男女問わずテーラードジャケットという単語を使いますし、飾り襟やボタンがつけられたものなど多少崩したデザインのものも示しています。スーツとの違いは、セットアップで使用しないことで、基本的にはテーラージャケットはそれ単品で着るものです。一般的なスーツの場合、ジャケットとスカートやパンツの色は同じもので、素材も同様のものが使われます。しかしテーラードジャケットの場合は色はもちろん、素材も異なるボトムスを組み合わせるのが一般的です。基本的にはドレスシャツや光沢のある生地で作られたカットソーなどを合わせるのが定番と言われています。デニムやチノパンなど、カジュアルダウンしすぎた素材とは合わせにくいものの、ボーダーのインナーを着て、スニーカーとトートバッグでやや着崩すといったタウンスタイルも人気があると言えるでしょう。

Copyright© 2018 女性らしいファッションを取り入れたいなら注目|ワンピースを買おう All Rights Reserved.